菌活・酵素ダイエットでスリムに痩せる腸活美人

からだの中から美しくスリムに、乳酸菌と酵素で手に入れるあなただけの美ボディと美肌

妊娠中の食欲が出た時の便秘解消法について

妊娠中につわりが終わって、食欲が出るようになると同時に悩む便秘の症状がありますね。当初はまだ軽めの症状でも食欲が出始めてあれこれ食べ始めるとひどい便秘になるケースはよくあります。

妊娠中なので便意解消の為に「便秘薬」を飲んだり「浣腸」することもできませんよね。かといって便秘の症状はどんどんひどくなると胎内の赤ちゃんにも悪影響が出ます。今回は薬に頼らず、妊娠中の食生活から便秘を解消する方法がないのか検証してみました。

妊娠中の便秘に悩むあなたは是非、参考にして下さいね。

スポンサーリンク


妊娠中の便秘解消に効果が期待できるのはプルーン

妊娠中の便秘にプルーンを飲む人が結構います。ナビゲーター・スージーの友人にも乾燥プルーンをまとめ買いして日課のように飲んでました。そもそもプルーンはビタミン、ミネラルが豊富で美容と健康効果の高い“ミラクルフルーツ”として海外では有名です。

このプルーン、実は便秘解消以外にも美肌効果やアンチエイジング、貧血予防にも効果ある女性の味方のような果物なんです。また、乾燥させることにより栄養値が高くなり、「水溶性食物繊維」「不溶性食物繊維」の両方がバランス良く含まれています。

妊娠中の友人が日課としていたのがよくわかります。2種類の食物繊維の効果により、腸内の悪玉菌を抑え、善玉菌を増やすことで便秘が自然と解消される。まさに食生活のなかで便秘を解消することができる“奇跡の果物”ですね。

妊娠後期のひどい便秘はどのように対処すればいいのか?

「妊婦に便秘はつきもの」とよく言いますが、妊娠後期、7ケ月以降の便秘は本当に辛いですね。病院で処方された薬で便秘が解消されるならいいのですが、あまり効果のない妊婦さんも結構います。

ではそんな時はどう対処したらいいのでしょうか?妊娠後期ともなればお腹の赤ちゃんも大きくなり、市販の下剤を飲むのは流石に気が引けますよね。かといって何もしなければどんどん体重は増加し、場合によっては吐き気がすることも。

ひとつの対処法としてトイレでオリーブ油をおしりと内部に塗る方法があります。これは固くなった便をスルりと通過させる潤滑油の役目があります。また、内部にもオリーブ油を塗ることでかすかな刺激にもなります。そして排便時は気持ち、足を大きく広げましょう。※いきみ過ぎにはくれぐれも注意しましょう。

あとオリーブ油を塗る対処法もそうですが、オリーブ油を使った料理も便が出やすくなるのでおすすめですよ。是非、試してみて下さい。

妊娠中の便秘解消に試してみて効果があったあるある体験

妊娠中はお腹も膨れて、腸自体が重く感じ、痛みをともなうほど出なかったりします。ひどい便秘の状態が続くと気分もとても沈んで重くなってくるもの。そんな時は、婦人科で先生に相談して「便秘薬」を処方してもらうようにして下さい。

お腹の赤ちゃんへの影響を心配して「薬に頼りたくない」という人もいます。でも便秘の状態が長く続く方が赤ちゃんに悪影響を及ぼすことがあるので注意しましょう。もちろん、食べ物で解消されるのが理想ですが、どうしても我慢できない時は薬の処方を受けましょう。

◎薬以外で効果的な対処法
・起床時に水をコップ1杯飲む
・起床後30分以内に朝食を摂る
・乳製品、納豆、温野菜を食べる
・バナナ、ヨーグルトも食べる
・お腹を冷やさないよう毎日湯舟に入る
・適度な運動(毎日歩く、階段の上り下り)
・水分を欠かさずとる

などの習慣を身につける事です。上記の習慣の中でどれが効果があるということではなく、妊娠中の身体にとって良いと思われることはどんどん取り入れていきましょう。そして、あなたにいちばん合う方法を見つけるとより過ごしやすい妊婦生活が送れますよ。

まとめ

今回は妊娠後期のひどい便秘の対処法についてまとめました。妊娠中の便秘解消法と言っても個人差がどうしてもあるので“これが良い!”という対処法がないのも事実。また、どうしても辛ければ病院で処方された便秘薬を飲むのもひとつの選択肢として“あり”です。

「できれば薬に頼りたくない」という人もいますが、ずっと便秘を我慢し続けるのも苦しいし、場合によってはお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼすこともあります。我慢できないくらい便秘がひどい時は、すぐ婦人科の先生に相談しましょう。遠慮はいりません。

食べ物では妊婦にいいと思われる習慣はすべて試してみることですね。
例えば、、
・起床時に水をコップ1杯飲む
・起床後30分以内に朝食を摂る
乳製品、納豆、温野菜を食べる
・バナナ、ヨーグルトも食べる
・お腹を冷やさないよう毎日湯舟に入る
適度な運動(毎日歩く、階段の上り下り)
水分を欠かさずとる

といった習慣を心がけることで便秘が徐々に解消されるかもしれません。

どの部分が効果を発揮するのか?人によってそれぞれ異なりますので一概には言えませんが。あと、妊婦の健康維持法として“ミラクルフルーツ”と呼ばれるプルーンは絶対、毎日の食事に取り入れてみましょう。

スポンサーリンク


ナビゲーター:スージー

ナビゲーター:スージー

サイト管理人・ナビゲーターのスージーです。このサイトでは便秘解消、ぽっこりお腹対策など同じ悩みをもつ人の菌活や酵素ダイエットに関する体験談をたくさん掲載しています。あなたの美肌生活の参考になれば幸いです。