菌活・酵素ダイエットでスリムに痩せる腸活美人

からだの中から美しくスリムに、乳酸菌と酵素で手に入れるあなただけの美ボディと美肌

便秘を解消してスムーズな排便を習慣にするための食生活

便秘解消にいい食べ物と言えば、食物繊維やヨーグルトなどが思い浮かびますね。便秘に悩むあなたは積極的に食べる事ができていますか?

食べると下腹部に膨満感が残り、妊婦のようなポッコリお腹になり、チクチクした痛みが伴うことがあります。その原因をあなたは知っていますか?

今回はバランスの取れた食生活を送ることで便秘を解消し、スムーズな排便の習慣を身につける方法についてまとめました。身体にいいからと何でもヨーグルトを食べ過ぎるのは問題があります。詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク


便秘解消のためにお腹が痛くならず排便できる食生活について

便秘解消の為にはまず、バランスの取れた食生活を習慣化することで毎日の排便も習慣化してしまうことです。そのための食生活、食事で意識たいのが食物繊維ですね。

便秘でお腹に便が溜まった状態で出そうとすると当然、出す時には激しい痛みが伴います。そんなひどい便秘を解消してくれるのが規則正しい毎日の食生活。便秘薬ではありません。

食物繊維と言っても様々な種類があります。例えば、新鮮な野菜、わかめやひじきなど海藻類、こんにゃく、きのこ、豆腐や豆類、ごぼうなどがあります。

ご覧の通り、肉類、魚類、卵などには含まれていないのが食物繊維ということになります。食物繊維だけでなく、バランスの取れた食生活が便秘を予防し、排便の習慣を作ってスムーズな排便、すなわち「快便」の習慣を手に入れることが可能ですよ。

便秘による食後のポッコリお腹がチクチク痛むのは何が原因?

食事をとったあとの下腹部の膨満感。よく見ると妊婦のようにポッコリお腹になっているではないか。しかも食後にチクチクお腹が痛くなることってありますよね。

このポッコリお腹のチクチクした痛みは何が原因なのでしょうか?食後のポッコリお腹に悩む大きな原因は便秘による腸内環境の著しい劣化にあります。要は大腸内が汚い人、すなわち大腸が活発に動いてない人に多い症状です。

大腸が正常に活動していれば食物カスは腐敗する前に直腸に到達、排泄されます。でも大腸が正常に活動してなければ食べ物のカスが大腸内に溜まりやすい環境になっています。

この食物カスが体温などで温められて腐敗し、腸内で有毒ガスを発します。実はこのガスがお腹の膨満感、ポッコリお腹の原因なのです。

便秘解消、ポッコリお腹対策には毎日ヨーグルトを食べればいいのか?

お通じを良くする為、女性はヨーグルトを日々食べる人が多いですね。でも実際に腸内を清浄してどのような効果が期待できるのでしょうか?

◎ヨーグルトを食べて期待できる効果
・便秘解消によるお通じの促進
・肌荒れ、ニキビ解消による美肌効果
・血中コレステロールの正常化
・老化防止(アンチエイジング)
・免疫力の向上   など

要するに美容と健康促進の効果が期待できるというもの。牛乳やヨーグルトなど乳製品は身体に良いと言われていますが、ヨーグルトには様々な種類がありますので原材料名をしっかり調べて食べるようにしましょう。(糖分が多いなど味付を加工したヨーグルトは要注意)

何でもかんでも牛乳やヨーグルトを食べて「便秘と下痢」の症状を繰り返す人がいます。この状態は、必要な栄養まで下痢と共に体外に排出される懸念も。また、食べ過ぎるとかえって腸内環境がドロドロになることがあるので注意しましょう。

まとめ

いかがでしたか?便秘を解消するためには排便の習慣もしっかり身につける事が大切です。そのために必要な事は便秘薬を飲んで便秘から一時的に開放されることではありません。

しっかりバランスの取れた食生活を送ることで食物繊維ばかりでなく、栄養が偏らない食事をすることで毎朝食後に排便をする習慣を身につけることです。

規則正しい食生活が便秘予防に繋がり、腸内の正常な活動を支えてくれます。食物カスが溜まることなく、便をしっかり作るだけの食事をすれば「快便」の習慣を作ってくれます。

「たくさん食べると太るから食事量を減らす」「最近、太り気味だから朝食を抜く」ことがかえって便秘の原因をつくることを理解しましょう。

スポンサーリンク


ナビゲーター:スージー

ナビゲーター:スージー

サイト管理人・ナビゲーターのスージーです。このサイトでは便秘解消、ぽっこりお腹対策など同じ悩みをもつ人の菌活や酵素ダイエットに関する体験談をたくさん掲載しています。あなたの美肌生活の参考になれば幸いです。