菌活・酵素ダイエットでスリムに痩せる腸活美人

からだの中から美しくスリムに、乳酸菌と酵素で手に入れるあなただけの美ボディと美肌

妊娠12週で体重4キロ増はヤバい?妊娠中の体重管理とダイエット

妊娠すると体重は増えるもの。でも体重の増え方が果たして標準以上なのか?標準以下なのか?気になりますね。

一般的には妊娠中は月1㎏ペースの体重増は全然許容範囲と言われます。この基準は病院、担当医によって多少違いますが、概ね月1㎏であれば問題ないと考えて大丈夫。

今回は妊娠中に気になる体重管理、ダイエット法と規則正しい食生活習慣についてまとめました。特に安定期に入り食欲が出てきた時の「食べづわり」に注意が必要です。詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク


初めての妊娠は体重管理に悩まされる?注意したい食べづわりとは?

初マタ、初めての妊娠では体重管理に悩まされる人が非常に多いです。妊娠12週で体重が4㎏増は決して問題のないレベルです。

でも注意したいのが「食べづわり」です。「食べづわり」とは食べている時間にいちばんの幸せを感じ、食べていない時間もずっと食べ物のことが頭から離れず、モヤモヤする。これは妊娠前から食べ物にさほど執着のない人でもあり得る症状なので注意が必要です。

食欲があることは栄養バランスを整えるうえで大切なことですが、食欲のあまり食べ過ぎてしまうと必要以上に体重が増加してしまうことがあります。体重管理のために毎日体重計で日々の推移を記録することが必要です。

妊娠中の運動と言えばウォーキングとマタニティヨガが効果的?

妊娠中の運動不足解消の為に30分から1時間程度のウォーキングが効果的です。単に歩くのも習慣として続かないので近くのスーパーまで少し遠回りして買い物に行くなど工夫すれば習慣化できますね。

また、雨天などで歩けない日は、マタニティヨガも効果的です。これなら自宅で自分のペースでゆっくりとできるので安心です。

マタニティヨガのDVDを購入する必要がありますが、妊娠中の体重管理は欠かせませんので是非試してみてはいかがでしょうか?自宅にいながら汗を流すことができ、程よく運動もできてストレス解消、すっきりした気分になれます。

ウォーキング、マタニティヨガともに軽く汗を掻くくらいが丁度いいので生活習慣に取り入れましょう。但し、妊娠中はお腹が張ったり、体調が優れなかったりすることもあるのでそういう時は無理せずに安静にしましょう。

妊娠中に就寝時間から逆算した食事時間を設定する重要性について

妊娠中は妊娠前とは生活習慣、就寝時間が変わってくるもの。特に妊娠してから就寝時間が早くなる人が結構います。この時注意したいのが夕食を摂る時間。

特に妊娠中は早朝に目が覚めるので就寝時間が夜20時~21時に寝ることも多くなります。そんな時期が続くときは、夕食時間を通常どおりで摂っていると夕食後、すぐに就寝することになり、肥満の原因になってしまいます。

就寝時間が20時~21時頃の場合、夕食は17時までには摂るようにしましょう。夕食後、就寝時間まで3時間は空けたいところです。夕食時間が早くなるのも妊娠してからの生活習慣の変化なので早期に順応するように努めましょう。

まとめ

妊娠中は月1㎏ペースを意識して体重管理ができれば合格です。太らないよう必要以上に我慢ばかりしてるとかえってストレスになり、「食べづわり」の傾向が強くなってかえって肥満に繋がる事もあります。

たまには外食するなどしてみるのもいいでしょう。妊娠24週にもなれば、あなたなりの体重管理の仕方、ダイエット法が身に付いてきます。たまに食べ過ぎても気にせず、「翌日から調整すればいいや」程度に考えて過ごしましょう。

先生から「妊娠生活を楽しまなきゃ」と言われたことがありますが、本当にその通り。辛い、しんどいなどと言ってるとストレスばかり溜まり、お腹の赤ちゃんにも辛い思いをさせてしまうことになります。

限られた妊娠生活が楽しく感じる生活習慣、食生活、運動習慣が送れるよう、体重管理やダイエットに取り組みましょう。すべてはお腹の赤ちゃんのために。

スポンサーリンク


ナビゲーター:スージー

ナビゲーター:スージー

サイト管理人・ナビゲーターのスージーです。このサイトでは便秘解消、ぽっこりお腹対策など同じ悩みをもつ人の菌活や酵素ダイエットに関する体験談をたくさん掲載しています。あなたの美肌生活の参考になれば幸いです。